- 最も高齢化が進んでいる国・地域

最も高齢化が進んでいる国・地域


人口高齢化とは、人口分布が高齢化に偏る現象を指します。平均寿命の伸びは高齢者人口の増加をもたらし、少子化は若年人口と労働人口の減少をもたらしました。世界のほとんどの先進国と一部の先進国では、人口の高齢化という明らかな現象が見られます。

人口の高齢化は経済に大きな影響を与えており、労働人口の比率が低下することにより、全体的な生産性は徐々に低下しています。当初支給されていた厚生年金制度は、逆算して支給額が減少したため、必要経費が徐々に増加し、補償率も低下し、年金制度の持続可能性も試されることになる。テクノロジーや自動化の進展により、少子高齢化の影響を軽減できると考える人もいますが、世界の高齢化率は今後ますます増加し続けるなど、人類史上かつてない社会問題となっています。

以下は、2100 年以前に最も高齢化が進んだ国/地域です。



国・地域西暦高齢者人口の比率
アメリカ領ヴァージン諸島210047.768%
アルバニア210045.877%
プエルトリコ208045.498%
韓国206642.144%
日本206038.318%
台湾206538.278%
イタリア208037.148%
ボスニア・ヘルツェゴビナ208137.095%
ギリシャ208037.066%
シンガポール206537.013%
スペイン205536.968%
マルティニーク210036.815%
ネパール210036.548%
エルサルバドル210036.432%
香港206036.375%
キューバ210036.111%
ブータン210035.592%
スリランカ210035.562%
タイ209035.416%
コスタリカ210035.337%